読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由蝶

気ままに。ネタバレしません。

守るものができたとき、人は変われるのか【アイアムアヒーロー】

映画化 アクション ホラー

 

f:id:rma503:20170306205458p:plain

(引用:http://eiga.com/movie/80485/photo/)

 

監督:佐藤信

原作:花沢健吾

脚本:野木亜紀子

製作:市川南、寺島ヨシキ

出演:大泉洋有村架純長澤まさみ、他。

日本、2016年、127分、15R+

配給:東宝

 

 

*ざっくりあらすじ

 冴えない漫画家アシスタント、鈴木ひでお。謎のウイルス、ゾキュンの登場で彼の平凡な日常が一転する。

 

 

***

 先日、連載の最終回が話題になったアイアムアヒーロー。予備知識無しで見ましたが、、、。正直、甘くみていました。大泉洋さん出ているし予告もコメディチックでPOPな感じ、ゾキュンってなんか可愛い響き(?)、これならホラー大苦手な私でも見れそう!それにリングや呪怨系のお化けは無理だけど、今回はゾンビだし!バイオハザードは見れるし!  と軽い気持ちで見たのが間違いでした。

 

 

 

めっちゃ怖いやんけ

 

 

 

予想以上のグロホラー。特にグロが凄まじい。驚きと同時に見た後はぐったり(汗)ごめんなさい、何度か目を逸らしてしまいました。いやはや、ホラーがだめな方はあまり無理しないで下さい。苦手だけど見たい方は晴天の昼間にでも見てください。夜見ると夢にゾキュンが出るかも。。。

 

 

 

 安定のダメヒーロー

前から好きな役者さんでしたが、更に大好きになりました。大泉さんがいると場が一気にやわらかくなるというか優しくなる、そんな存在の大泉さんが本当に好きで、そんな雰囲気がこの映画にも少なからず出ていました。緊張感漂う場面(≒怖い場面)に出てきてくれるとめちゃくちゃほっとしました(泣)そしてものすご~くかっこよいんです。ラストの銃撃シーンは息をするのも忘れるほどです。人を守る強さと優しさと泥臭さが、大泉さんを通してひしひしと伝わりました。私もおんぶしてほしいし守られたい。

映画は真夏の韓国で行われたそうです。確かに車が回転したり、日本では難しそうな大規模なシーンが盛りだくさん。ダイナミックなシーンを撮ろうとすれすれを狙うあまり、大泉さん軽くひかれたらしいです、車に。もちろん速度も遅くて怪我はなかったそうですが、こういうことをしてしまう彼が大好きです。(笑)*1

 

一番恐ろしいのはゾキュンではなかった

ゾキュンも十分恐ろしいですよ。メイクやCGで人間とは思えない姿、行動に直視ができないほどです。でもやっぱり怖いのは人間でした。危機的状況になると人間は、人間がすることか?と疑うような残酷なことも平気でしてしまうのでしょか。裏切りや奴隷制度、ヒエラルキー下に置かれた人々を見ていると、いっそゾキュンになった方が楽なんじゃないかとさえ思いました。(特に吉沢悠さんが素晴らしく怖い。人間の目をしていなかった。) 自分のことしか考えられない人達ばかりな中で、唯一信じられるのはひでお(大泉洋)だけ。周りが全員敵に見える中でも、決して屈しずに行動をするひでおの姿は、昔のひでおではもうありませんでした。

 

 

人間とゾキュンのハーフ

有村架純さんが演じるヒロミちゃんは人間とゾキュンのハーフ。 人間とゾキュンのハーフなんて未知のことで難しかったとおっしゃっていましたが、見事な(可愛い)ハーフでした。表情を動かしすぎると人間ぽくなるし、かといって、無表情だと人間ぽさがない。繊細な顔の表情が素晴らしかったです。

生き延びた一人の女性を演じた長澤まさみさんは、とにかく綺麗!スタイル抜群でアクションも美しい!斧をふり上げても美しい。

話がそれますが、この映画がより怖く感じた理由は、登場人物が私たちとそう変わらないことだと思いました。ビームが出るような武器があるわけでもない、モビルスーツを着て普段よりも戦闘力が上がるわけでもない。ぺらぺらの洋服を着てビービー弾や斧、トンカチでゾンビに挑むのです。次元の違う世界ではなくてリアルな世界に感じられる部分が多く、それらが怖さをより倍増させました。

 

 

ラストは原作に忠実に終わっています。

映画の最中に、早く終わって!!と思ったのはつまらないからではなく、早くゾキュンが目の前からいなくなって安心したかったから。めちゃくちゃのめり込んでいる自分にじわりますが、こんな風に早く終わってほしいと思う気持ちは初めてでした。

豪快、残虐、絶恐。日本のゾンビ映画、甘く見てると痛い目にあいます。

 

 

 

~オススメ場面賞~

グロホラーが好きな人、ハラハラしたい人向け、(苦手な人は)昼間に大勢で見るべきで賞

 

www.youtube.com

 

 P.S.ゾンビ役でメイプル超合金がエキストラとして出ているので探してみてください。隠れミッキーならぬ隠れメイプル超合金

長州さんの滑舌

雑談

 f:id:rma503:20170118220143j:image

 

先日、長州力さん夫婦が遊園地デートする一日を撮影した番組を見ました。

 

 

今まで忙しすぎて、二人でデートしたことがなかったらしいです。奥さんを初めて拝見しましたが、とっても綺麗な方でした。

遊園地では、ジェットコースターに乗ったり、イルミネーションを見たり。最後にはお互いがサプライズでプレゼントを用意されていました。初めてデートしたとは思えないほどのラブラブぶりで、でも長州さんは照れながらキレていて面白かったです。(笑)そして彼の職業病(?)ともいえるのか、ソフトクリームを買いに歩いている時、横にいる奥さんの首根っこを捕まえながら歩いているのは衝撃でした。猫じゃないんだから。。。(その時以外はちゃんと手を握っていました)

 

 

長州さんは滑舌が悪いです。ソフトクリームを食べながら、

「なんで今までこんな時間が持てなかったんだろうね」

と、奥さんに呟いた後、

「きっと、〇☆◆%$#&&%」

 

 

 

 

 

 

 

聞き取れない。

 

奥さんは思わず聞き返しますが、やっぱり聞き取れずスルー

いやスルーて、一回聞き返してのスルー...ツヨイ..

すごく良いことを言っている気がする場面で、悉く○◆☆&#$%!%なのです。そして奥さんはそれらをスルーします。

 

 

これを見た時、ちょっぴり長州さんの気持ちが分かるような分からないような気持になりました。(どっち)これを見ている時にふと思ったことなのですが、、、私には耳が遠い祖母がいます。普通に言っても分からないし聞こえない。私にしてはかなり大きめの声を出して、ようやく会話になります。こっちが呼んでいるのに無視されたり、何回も聞き返されたり、特に第一声は絶対一回では伝わりません。これは結構辛いものがあります。と同時に、苛立つ自分もいました。

祖母のことはもちろん大好きです。しかし、自分に余裕がないときにこのようなことが起こると、声を出す気さえ失せるんです。

 

 

長州さんは、自分の主張を何回も聞かれたり、スルーされることについてどう思っているのだろうか。別に自分大したこと言ってないしいっかと開き直っているのか、イライラしているのか、諦めているのか、大事な時は文面持ってくるのか、そもそもどうもなにも、何とも思っていないのだろうか。

気になる。

そして、長州さん夫婦は相手に依存しないドライな関係に一見見えたけど、あまりにも寛大な愛と信頼によってその関係が成立しているのだなと思いました。

 

 

 

(そういや首根っこ掴まれている時も奥さん無反応だったな……)

 

生きる希望を繋いだのは、無限の愛【博士と彼女のセオリー】

恋愛 洋画 洋画-恋愛 私が好きな映画

f:id:rma503:20170115102301p:plain

(引用:http://eiga.com/movie/81187/)

 

監督:ジェームズ・マーシュ

製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、リサ・ブルース、アンソニー・マッカーテン

出演:エディ・レッドメインフェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、他。

2014年、イギリス、124分

配給:東宝東和

原題:The Theory of Everything

 

 

*ざっくりあらすじ

難病ALSになってしまったホーキング博士と、彼を支えるあらゆる人の生きる希望を描いた感動の実話。

 

***

ずーっと観たかったのですが、観るのを怠っていた映画。やっと見ましたが、期待以上でした。素晴らしかったです。 なんといっても、ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインは感嘆の息がもれるほどの演技でした。難病を描いた映画ですが、ホーキング博士の発する、決して多くない言葉にユーモアがあり、そこまで重くならずに見ることができると思います。彼の妻を演じたフェリシティ・ジョーンズの力強い演技にも心をうたれました。

また、シーンごとに違う色味、フィルターを通していてすごくきれいでした。青みがかったり、セピア調になったり、もちろん鮮やかなカラーもあったり、色合いがとってもかわいくて目に優しい(?)映像でした。

 

エディ・レッドメイン

リリーのすべて」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」などで主演を演じる今大人気の彼ですが、まだ上述した2作品は見ていないので必ず観ます...。ですが、この映画を見れば彼がいかに素晴らしい役者なのかすぐに分かりました。難病を“演じる”ことがどんなに難しいことかは想像に易いです。彼は相当観察して勉強したのだなと感じるほどに完璧に演じていました。徐々に体が変化していく様もリアリティーがありました。

脳は何も異常はないのに、身体が動かなくなっていく、話せなくなっていく。最終的には目しか動かなくなりますが、それの演技にも彼らしさが出ていて感情が読み取れるようでした。それにしても、なぜ医療が発達した現代に治療法がないのか。医者でも研究者でもない私が言うのは簡単なのですが...苦しいです。

 

“ただ敗北に向かうだけ”の現実に屈しなかった妻

彼と子供を女手一つで世話して生活することがどれだけ大変なことか、この生活が現実で起こっていることに言葉がでませんでした。強いです。なぜここまで前しか向かない生活ができたのだろう...彼女は彼の病気に一切負けることなく、病気や過去を後悔しない“今”を生き続けていたからだと思いました。たとえ涙しても、彼女の目には負けないと訴える強さがありました。

また、周囲の献身的な配慮と助けがありました。一人で抱え込まずに手を借りることは、負けではなく感謝すべきことだと思います。誰かが誰かを想いあっていることが知れる、第三者視点で見れる映画の良い点ですね。

関係ないですが、親友のブライアンがスマートでかっこいいです。

 

時間は巻き戻せる

ホーキング博士はサイエンス専攻でして、またしても文系の私には頭がついていかない...(泣)ブラックホールと時間について研究を始めます。ブラックホールや宇宙と関連しているからか、円系のものが多くみられました。窓や目、螺旋階段など。逆に彼が不在のキャンプ場のシーンは円系のものがなく、角がとがったテントが印象的でした。

ラストのホーキング博士のスピーチは生きることの原点を教えてくれます。

 

個人的に映画のラストが意外で、映画みたいに綺麗に終わらないことがさすが実話だなーと。こういう生き方もあっていいんだなと、視野が広がる映画でもありました。

 

~オススメ場面賞~

生きることに辛くなった時、愛することが分からなくなった時向けで賞 

 

www.youtube.com

恋が攻めてきたッ!【モテキ】

邦画 恋愛 映画化 邦画-恋愛

f:id:rma503:20170103200821p:plain

(引用:http://eiga.com/movie/56148/photo/)

 

監督:大根仁

原作:久保ミツロウ

製作:井澤昌平、市川南

出演:森山未来長澤まさみ真木よう子麻生久美子仲里依紗、他

2011年、日本、118分

配給:東宝

 

*ざっくりあらすじ

 モテないアラサーサブカル男子、幸世。そんな彼に、ついにモテキがくる。

 

***

 ドラマは見ていなかったので映画で初めてモテキを見ました。パフュームが出てきてびっくり(笑)かわいかった☻

うーん、あんまり。ドラマを見ていたらきっともっと感情移入できたり感慨深かったのかもしれない。あとは、森山未来長澤まさみでの目の保養映画。でも、目の保養だけで大分満たされた感はある。こういうのはドラマの方が見やすいんでしょうね。エンドロールが凝ってました。

 

類は友を呼ぶ

幸世は、(映画でも言われていましたが)需要あるタイプだと思います。コミュニケーション能力もあるし、仕事もできないわけじゃないし、見た目は森山未来だし。なぜこんなにモテないのか?変な女にモテるのか?やっかいな女を好きになるのか?幸世は幸せになりたい!よりもやりたい!のかも。

 

4人の女

中身も見た目も完璧な女はいない。こんな奴いるかよ…って最初は思うけど、リアルにいそう、いやいる、怖。

 

サブカルとは

詳しくないのですが、フェスやバンドハウスに行くシーンや、サブカル系の曲が多く使われています。サブカル好きな人はたまらないと思います!知らない曲ばかりでしたが、歌詞が独特で、改めて聞きたいと思うほど良かったです!音楽に力入ってます。サブカルと呼ばれる曲は全く聞かないのですが、自分の思っていたものといい意味で違い、映画を見ての収穫はサブカル曲を聞けたことだったかもしれません。

 

 

~オススメ場面賞~

森山未来長澤まさみ麻生久美子が好きな人、モテる妄想がしたい人向けで賞

 

www.youtube.com

目指せ、ジャンプの頂点。【バクマン】

邦画 映画化 楽しい 私が好きな映画

f:id:rma503:20170109111107p:plain

(引用:http://eiga.com/movie/80365/)

 

監督:大根仁

原作:大場つぐみ小畑健

脚本:大根仁

製作:市川南

出演:佐藤健神木隆之介山田孝之小松菜奈、他。

2015年、日本、120分

配給:東宝

 

*ざっくりあらすじ

漫画家を夢見る高校生コンビ、高木と真城。二人はタッグを組み、大人気漫画雑誌“ジャンプ”の頂点を目指す。しかし、ジャンプの、漫画家の、あまりにも厳しすぎる現実に直面する。

 

***

大根仁監督はモテキの監督、原作の大場つぐみさんと小畑健さんはデスノートを描かれたお二人です。 見終わった後、映画はここで終わりだけれど彼らはここからがスタートであり、久しぶりに前向きな気持ちで終われた映画でした。

バクマンは漫画の映画化だったとは知りませんでした。漫画家を目指す漫画って絶対面白いじゃないですか!漫画の映画化は、漫画を殺すと言わんばかりに嫌がられますが、映画を見て漫画の存在を知る人もいて、映画を見て漫画を読んでみようと思わせることができたら映画化は成功だと思います。映画化は、漫画を知らない人向けにちょうどいいと思います。

最後のエンドロールが正直不意打ちで感動しました。途中まで気づかなかったのですが、気づいてからもう一度巻き戻して見てしまいました。スタッフさんたちの映画への愛が溢れていました。

 

神木君は日本の宝

神木君演じる高木は、漫画におけるストーリーを考える役割を担っています。なぜなら絵が壊滅的に下手くそだから。(絵は佐藤健の仕事)その神木君が描く絵が意表を突くかんじで笑いました(笑)圧倒的画力のマンガをばんばん見せられる中で、神木君だけTHE棒人間で癒されます(笑)ジャンプは幼い頃しか読んだ記憶がないのですが、神木君が考えた漫画がとても面白そうで読みたくなります!女性が思いつかないような、いかにもジャンプらしい男性好みのストーリー展開だなと思いました。

欲を言えば、主人公2人の家族が全く出てこなかったので家族関係、勉強せず漫画ばかり描いていることに対する家族の反応も見たかったです。

 

漫画家という博打

漫画家の仕事を目の当たりにしたというか、これは事実なのか疑いたくなるほどの大変さ、厳しさでした。まず、ジャンプに載ることに何年もかかる人が普通だそうで、ジャンプに載っても人気が出なければ即打ち切り、連載になっても毎週の締め切りに追われ眠れない。それでも漫画を描くことを止めないのは、彼らの漫画に対する異常な愛があるから。漫画は日本の誇りです。でも心身壊すまで描きつづけないでほしいな。

出来た漫画はジャンプの編集部がある集英社に持ち込みます。編集部はセットなのでしょうか?本物なのでしょうか?紙の山が圧巻です。セットだとしたら美術さんすごすぎます。編集部に限らず、各々の漫画家の仕事場は漫画や紙ごみだらけで、足場の踏み場もありません。背景に圧倒されます。

漫画家には編集者がついて、二人三脚で頑張るのですが、編集者の在り方も問われる映画でした。また、編集者会議がすごくリアルで面白かったです。こんな風に自分の担当の漫画家を編集長にアピールするんだ~と。

 

天才の攻略法

天才役である染谷将太が良かったです。やっぱり天才は変人。変人の真似をしたって勝てない。どう闘うのか。漫画家同士のバトルをCGで表していて斬新です。それ以外にも後半はCGが多め。また、漫画を描くペンの音、紙の擦れる音などがこの映画の特徴の一つだと思います。描く速さ、強弱、豪快さ、繊細さが一人一人違うことがペンの音で分かります。

 

 

少し恋愛系もあったり、まさにジャンプを読んでいるみたいです。

ジャンプの醍醐味「努力・友情・勝利」が漫画から飛び出し、スクリーンで魅せてくれます。

 

~オススメ場面賞~

努力友情勝利!たまにはでっかい夢を見たい時に見ま賞

 

www.youtube.com

 

2017年にやりたいこと

 f:id:rma503:20170110201341j:image

今週のお題という事で。

2017年の前に2016年のことを少し。

 

2016年良かったこと(•ᵕᴗᵕ•)

・2つの検定試験に受かったこと

・興味のある語学教室に通い始めたこと

・コンプレックスを無くそうと行動したこと

・車の運転が上手になったこと

・脚本家の野木亜紀子さんからSNSでお返事を頂いたこと

 

2016年悪かったこと(T_T)

2016年は2015年よりは良かったかな?というかんじでした。(2015年は人生で一番死にたい年だった)特に変わったこともなく現状維持が必死だったように思います。ですが、2015年と同じように仕事で悩んだ年でもありました。

自分はこのままの人生で良いのか?何をもって私は幸せだと思えるのか?もっと生きやすい生活ができるんじゃないだろうか。生きやすいとは楽をして遊んで生きるのではなく、もっと自分が自分らしく生きられる生活はあるのではないだろうか?ということです。今の職場での私は1㎜も自分を出していません。

正直給料も引くほど安いですしサビ残当たり前でなんだかな...といった具合です。お金が欲しいわけではなく、お金が少なくても自分の仕事にやりがいをもって周りの人に感謝・感動を与えられる仕事に憧れます。でも必要最低限のお金は必要であり、難しいですね...脳みそお花畑ですかね。何かを得るには何かを犠牲にしなければいけないですよね。

あ!あと私の好きなSMAPと成宮君がいなくなってしまったことも、かなりへこみました〜

 

ということで

2016年はあんまり良くない年だったみたいなので(辛い)、2017年は良い年にしたいです!

 

1、ブログを更新し続ける。

去年の末から始めたブログですが、アウトプットする場に適していると思うので頑張って続けたいです。また、2016年のことを書こうとした時、去年何をしていたか思い出そうとしても思い出せないのです。しかし、ブログに書いていれば、こんなことがあったな~と記憶を呼び戻せると思うので、そんなことのためにも使っていきたいです。なにより、私は文章を書くことが好きです。書くことで文章力も上げたいですし、SNSのような短文ではなく、長文を書くことに慣れていきたいです。

 

2、映画を96本見る。

撮り溜めた映画がたくさんありすぎて途方に暮れています。映画は大好きなのですが、平日見る時間があまりとれないところが悩みです。ですが今年は96本!1か月に8本!私には多い本数ですが思い切って数字を出して、この数字に向かって楽しみながら鑑賞していきたいです。

 

3、写真を撮る。

今年、キャノンのEOSM3を手に入れました。写真も記憶を呼び戻す一つの道具として、たくさん使用していきたいです。インスタも更新率上げていきたいです。

 

4、引き続き語学教室に通う。

5、今考えている検定試験3つを合格する。

6、運動する。

今年の後半から全く運動せず今に至り、身体が鏡餅状態です。年間を通して何か運動を無理なく継続したいです。今月から早速ヨガに通う予定です。初ヨガに加えて身体がキンキンに固いのですが大丈夫なのでしょうか...早々に不安です。

 

7.転職する。...したい。

今年で3年目となる今の職場にさようならができたらなと考えています。最悪来年までにはします。人間関係は悪い人もいますが直属の先輩たちは本当に良い人たちで、そこだけは恵まれたと思っています。しかし、このままぬるま湯に浸かっていてはだめだなとも思っています。

今年は行動する年にしたいです。自分のできることを最大限生かしたい!恐いけど自分の気になることにアタックしていきたいです。やらない後悔よりやった後悔!今が一番若いんだ!(言い聞かせる)

 

 

今年もよろしくお願いいたします!

 

運命のいたずらは、一通のEメールから始まった【ユー・ガット・メール】

恋愛 洋画 楽しい

f:id:rma503:20170103173350p:plain

(引用:http://movies.yahoo.co.jp/movie/ユー・ガット・メール/84793/)

 

監督、脚本、制作:ノーラー・エフロン

出演:メグ・ライアントム・ハンクス・パーカー・ポージー、他

1999年、アメリカ、119分

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

原題:You've Got Mail

 

 

*ざっくりあらすじ

チャットメールで知り合ったキャスリーンとジョー。メールを通して二人は惹かれあうが、実は現実世界で互いに嫌いあう友達同士だった。

 

***

メグ・ライアン演じるキャスリーンがとってもチャーミングでポジティブでいいなぁ◎正直、ジョーの性格にはイラッとしました^^;

 

絵本屋さん

 キャスリーンは絵本屋さんで働く店主です。内装がとっっってもかわいくてお洒落で海外のお店ってなぜこんなにもかわいいのかワクワクするのか...。こんな所で働けたら楽しいだろうな。彼女はすごく前向きで悪く言うと楽観的な女性。私とは似ても似つかないですが、一つだけ似ているところが。彼女は怒ると頭が真っ白になり相手に何も言えなくなるのです。そのことを彼女はひどく悩んでいました。相手に何も言い返せない自分に情けなさを覚えるのです。←共感ポイント。でも、言えたら言えたでスッキリするかもしれないけど、後味が悪いこともあるよとキャスリーンも私もジョーに教えられました。(トホホ)

ジョーは、キャスリーンの街に建設予定の大型本屋の社長。つまりライバル店。しかも後からやってきてキャスリーンの絵本屋の店名をパくる始末で彼女は怒り心頭。この二人、絶対うまくいく気がしません。。。この出来事をチャットメールの相手に相談するのですが、その相手がジョーだということでよく出来ています(笑)ジョーはキャスリーンと対照的に饒舌で言いたいことは何でも言う性格です。

前半詳しく描きすぎて後半駆け足になって気になるとこもありましたが、そのくらい設定がしっかりしていてこの後の二人が気になるような映画でした。

 

SNSで繋がる

SNSを通して男女が知り合うということが約20年弱前にもあったんですね。もっと最近のツールかと思っていました。メールしている相手がまさかの知人って最悪です(笑)私なら、もし先に気付いたらフェードアウトするかもしれません(笑)

 

いつの時代になっても、好きな人からメールが届くまでの時間は最もドキドキする時間であり、メールが届く瞬間は最も最高な瞬間でしょう。

 

 

~オススメ場面賞~

寒い冬、洋画のお洒落な大人ラブコメを見たい人向けで賞

 

www.youtube.com